クラウンの安定した人気と中古車相場

クラウンに乗ったのは、数十年前、免許を取るための教習所がはじめてでした。
それ以降、クラウンに乗るのはタクシー程度であり、やはり、手の出ない価格の車でもあります。

1955年より販売され、かつては、いつかはクラウンというCMのキャッチコピーもあり、現在までに11代目ながら国産車のステータスの車のひとつでもあります。

しかし、10年ほど前、義兄が乗っていたクラウンのセダンに乗っていました。
排気量は3000CC、5代目あたりのS150 系のロイヤルサルーンGであると思いますが、その後、姪が数年乗り、今では私の弟がそれを譲り受けて乗り続けています。

法事に向かう折など何度か乗せてもらいましたが、その広い室内空間や静かさ、国産一般車に乗っていた者にとって、やはりグレードは数ランク上のものでありました。

この車を手放した義兄は今ではプリウスに乗っており、その加速性とゆとりある室内空間の違いをよく口にしてもいます。

弟が乗り継ぎながら走行距離は10万km以上となっているようですが、車種的にも無茶な走りをさせるような車でもないためか、少々ガソリンを食う以外はこれといって不満はないようです。

現在ではハイブリッドなどの車種も出てきており、トヨタ社名を冠したハイグレード車種としてこれからものこってゆくのでしょう。

参考:クラウン中古

長い間、安定した人気を誇っているので、中古として売る時も、クラウン買取価格は安定しているので、その点でも評価出来ます。
中古車販売店などにも持ち込めば、喜んで買取してくれるので、いざ手放すときでも安心です。

ヴェルファイア HYBRID Executive Loungeと中古車相場

トヨタのミニバン「ヴェルファイア(VELLFIRE)」は、velvet(物静かな)とFire(情熱)を合わせた造語で、「クールな情熱を持つ車」(トヨタ公式HPより)を意味するのだそうです。

ぱっと見はがっちりたくましい男性という印象です。
実際トヨタのHP見ると、強そうなゴジラが目に飛び込んできますから、この車に「強さ」や「逞しさ」を込めたトヨタの思いが伝わってきます。

ヴェルファイアには、HYBRID Executive Lounge(メーカー希望小売価格700万円代)からX(メーカー希望小売価格300万円代)までの8つのグレードがあります。

参考:ヴェルファイア中古車相場表

ボディーカラーは7色から選べます。
また長期間その美しさを保つための「セルフリストアリングコート」を採用することで、小さなキズを自己修復することができるのです。

ヴェルファイアは何と言っても内装が自慢です。
特にHYBRID Executive Loungeは、まるで飛行機のビジネスクラスのような優雅さを感じさせます。
本革シートや木目調パネルは、まさに「Lounge」にいる気分にしてくれます。

また助手席は最大1,160mmのスーパーロングスライドが可能で、一段とゆとりを保つことが可能になります。
何といっても乗る人の体格に合わせて、シートの位置を移動できるのが良いですね。
それもスイッチ操作で簡単にできます。

プリクラッシュセーフティ―システムによる衝突回避や被害の軽減などの安全装備。
またハイブリッドシステムインジケーターによるエコ運転のサポートもしっかり揃っています。
まさに「逞しくて優しい車」ヴェルファイアです。

オデッセイの車椅子対応と下取り相場

結婚したときに私たち夫婦は、子どもが3人は欲しかったので、もともと少し大きめの車が欲しいとずっと思っていたのです。
そして最初の子どもが生まれた時、チャイルドシートを付けやすく、そのうち大人数になっても乗りやすい車がいいねと夫婦で話しました。
主人はホンダの車のファンだったので、メーカーは迷わずホンダに決めました。

そして家族が多くなっても大丈夫で、それでいてワゴンのように大きすぎず、駐車場にも停めやすい車はなんだろうと色々検討した結果、オデッセイが私たちの条件に大変ピッタリだったのです。
試乗した感じも大変乗りやすく、主人も運転がしやすいと気に入ってオデッセイを購入しました。

参考:オデッセイ下取り相場表

また主人の父が病気で車椅子の生活なので、助手席を車椅子対応にしました。
何かあれば父を助手席に乗せ、後ろに車椅子を入れてもさらに人が乗れるので助かります。

現在我が家は、小さな子を含めて6人家族です。
休日ごとに温泉だ!遊園地だ!と車で遠出を楽しんでいますが、オデッセイなら家族が全員乗ってもゆったりとドライブを楽しめます。
もうかれこれ10年以上、このオデッセイにお世話になっている私たち家族ですが、これからもまだまだ大事に乗り続けていきたいと思っています。

キューブはコンパクトなのに買取相場も高い

日産のキューブに試乗運転させてもらった時に思った事なのですが思っていたよりも運転時に見通しが良くて乗りやすい車でした。

また路地裏に入ってみたりとした時に小回りが利くので全然運転にストレスを感じずに運転していて楽しいと感じる車で色々試して見たのですが、ちょっと狭そうな駐車場に止めてみたり、少し遠くのコンビニまで自分の車のように出かけてみたりと実際に乗ってみると運転もスムーズでテレビで見ている以上に良いとは思いました。

もともとキューブは以前CMでやっていたので気になっていたのですが、実際に自分で乗ってみると、中が広くて良い感じでしたので、遊ぶ、運ぶの名前通り日常に使いやすい通勤車としては良い車ではないでしょうか。

約1時間の試乗から戻ってきた時に運転席を倒した状態も見せてもらったのですが、中は寝転がることも出来て地方まで遠出するときにも使えそうなイメージが湧いてきたりと結構気になっています。
あと中が広いとホームセンターに行った時に買うミニテーブルやカラーボックスなんかも入れられて便利ですね。

参考サイト:キューブ買取で相場より高く売るコツ

何よりも車のデザイン重視で選ぶ方なのですが、使い勝手も良くてデザインもなかなかと言う車なので、機会があればキューブを購入してみたいです。

アルファード購入と買取相場

我が家はアルファードを購入して、10年になります。
当時、私の両親は病気で身体が思うように動かず、ひんぱんに病院その他への送迎が必要でした。
そうした場合にゆったり乗れることを考えて、大きい車を選びました。

アルファードは天井が高く、またシートをスライドさせれば真ん中の列のシートはかなり広い空間を確保できます。
両親の身体の具合の悪いときには、少しでも楽に乗れるようにと、
シートを深くリクライニングさせましたが、それでも余裕のあるスペースが取れました。

身体の不自由な人を乗せる際には、車内が広いので、先に誰かが乗り込んで、車内側から引っ張り上げ、支えることもできます。
これは大型車ならではのメリットでした。
もちろん、シートも適度な固さで乗り心地も良いので、私の両親は「他の車に乗るより疲れない」と言っていました。

8人乗ってもゆとりの広さですから、家族みんなで乗って旅行にも行けました。
既に私の両親は他界しましたが、アルファードのおかげでいろんな所に連れていってやることができたので、
良い思い出になっています。

さすがに10年乗ると、いろんな所に細かく不具合も出てきて、修理は必要になりますが、
オイル交換をまめにしたり、点検もこまめにしているので、走ること自体には問題なく乗れています。
乗り心地が良いので、ずっと飽きずに、大切に乗ってきました。

ただ、13年を越えてくると税金が高くなると聞くので、さすがに買い替えも検討しなければならないかなと思っています。
先日、アルファードの買取査定をして貰ったら、殆ど値段が付かなかったので、最近流行っているネットの車買取一括査定を検討中です。

参考サイト:アルファード買取