養子縁組で相続人を増やすと基礎控除も増える計算となる。

相続税というものには、基礎控除があります。
これは遺産を引き継ぐ人数によって決まるとされています。
基礎控除は3000万円に相続人の人数×600万円となっています。
人数が1人増えると600万円分の基礎控除になる計算です。

しかし、現実的に相続人を増やすということは、そう計算通りにできることではないでしょう。
しかし、簡単ではないですけど、現実的に人数を増やす方法というのはあります。
それは養子縁組を利用することで、これにより人数を増やすことが容易になります。

税金の節税のために養子縁組を利用するケースというのはなかなかないと思います。
養子縁組を利用した結果、基礎控除の金額が大きくなり、相続税対策になるというのは知っておくと良いかもしれません。
ただ、養子縁組は無制限に利用できるわけではなく、人数には制限があるので知っておきましょう。

実子がいる家庭は1人までしか利用できませんし、実子がいなくても2人までと決まっているのです。
しかし、最大1200万円までは基礎控除の金額を大きくすることができると言えます。
相続税対策としてはいくつかの方法がありますが、その中でも比較的有名なものだと思います。
すでに知っているという人もいるのではないでしょうか?

参考サイト:相続税計算方法